入院日記〜その6〜

どうも、ナガラ飯です。

お花見も終わっていよいよ暖かくなってきましたね。

4月の頭くらいまではホントどこ行っても人が多くて疲れましたね。

またこれから10連休来るかと思うと…

さて、インスタのほうは現在ゲームセンターが舞台の話が進行しているのですが

本当に僕らの学生時代は押切先生の「ハイスコアガール」まんまの

ゲーセン全盛期で、楽しかったですね。今も沢山ゲームはあるんですが

スマホゲームが圧倒的に多いですよね。

スマホもびっくりするような綺麗な画質のゲームがあるし

みんなどこでもゲームを楽しめて

そりゃゲーセンも少なくなるわって感じなんですが

この頃はハイクオリティなゲームはゲーセンにしかなかった時代なので

不良もそうじゃない学生もこぞって通ってましたね。

それだけに漫画のように危険も沢山あったんですが。

お店も、ガチのゲームセンターから本屋、デパート、駄菓子屋など

いろんなところにゲームコーナーが常設されていて

TPOに合わせていろんなところに行き分けてました。

(安い、飯が食える、不良が少ない、最新台がある、学校が遠くて先生来ない等々…)

で、この漫画を描くにあたって学生時代の友人に聞いたら

この頃通っていたお店は今はもうほとんど無いそうで。

そうだろうなとは思っていたけどやっぱり自分たちが青春を過ごした場所が

無くなるっていうのは寂しいもんですね。

…なんか今日全体的に暗いなw

はい、何にもまとまってないですが

ゲーセン今は少なくて悲しいねって話でした。

さてじゃあ入院日記の続きを

 

前回は看護師さんに緊急入院を告げられたんですがそれから

さすがに再度確認しまして

となりました。この時、職場にものすごく申し訳なかったですね。

僕がいてもかなり人手不足の時期だったのに

僕まで突然入院、しかも出勤1時間前くらいに連絡。

復帰してから謝り倒しましたが本当申し訳なったです。

上司も出てこいとは言えないですもんね。

さて僕が入院を知ったからか

そこからはめちゃくちゃオープンに厳重な感じになって

とにかく「動くな動くな」って言われました。

常に誰かが僕を見張っていて

ここ十年で一番、他人が僕に構ってくれたんじゃないかなと思うほどでした。

看護師さんたちのテンションも

よりシリアスな感じに変わって随分ビビりました。

で、そのまま救急車に乗せられて

別の病院に運ばれたのでした。

ではまた近日更新します。

 

Advertisement